引越し費用を抑えたい!

引越しを決める時にどこから決めるかというと、多くの人はまず物件を探したうえで契約をおこなって、入居が決まったら引越し業者探しをおこないます。

 

当サイトを訪問してくださっているという事は、あなたはネットで、どこの引越し業者に見積もり依頼をするのかを悩んでいるはず…私も引越しをした経験がありますが、「どこに依頼したら一番安くできるの?」って思いますよね。

 

数ある引越し業者から費用を安くおさえてくれる業者を1社見つけるのは至難の業です。

 

しかも、その一社に見積もりを依頼して引越しを完了したあとになって、他の業者の方が費用が安かったなんて事もあります。

 

人生のなかで、そう多くあるわけではないイベントだけど、だからこそ費用は安く抑えたいです。定期的に単身赴任を繰り返している人であれば尚更そうだと思います。

 

引越しをするのであれば、私はネットでできる引越し見積もりの一括比較サイトを使うのが一番と断言します!

 

一括比較サイトなら、数ある引越し業者に一度に見積もり依頼が家にいながらにしてできるので、仕事で忙しい人向きのサービスで、オフラインで見積もりを取るよりも短い時間で結果がでます。

 

あとは、出た見積もりをご自身で比較して、どこの業者に依頼するかを決めるだけ!

 

では、その一括見積りサイトでどこがいいのかという話ですが、数ある一括見積もりサービスのなかで使ってもらいたいのが「引越し侍」です!

 

引越し侍

 

利用者数も数あるサービスのなかで一番多く、利用した人の満足度は95.2%!

 

ここで引越し界の侍について、何がおすすめなのかポイントをまとめました!

引越し費用を安くするなら引越し侍!

CMでも「引越しするな〜ら〜♪」のフレーズを聞いた事があるという人も多い引越し侍は、累計見積もり利用件数2,390万件!※2017年1月時点

 

この利用件数をみただけでも、引越し侍が安心して利用できるサイトだとわかると思うのですが、他にもいくつかオススメのポイントがあるので紹介させてください^^

引越し侍のおすすめポイント

利用者満足度95.2%

引越し侍を利用して、業者を決めた人の95.2%が「また利用したい」と回答、使いやすさに裏付けされた数字です。

24時間いつでも引越し業者を比較できる

PC・スマホとネットさえあれば24時間いつでもオンライン予約、一括見積もり比較できちゃう!忙しい人でも帰ったあとベッドの中で申込みしておけば、翌日には最大10社から見積もりが送られてきます。

引越し費用+サービス内容が比較できる

「引越し費用は安いけどサービスはどうなの?」と不安に思と思いますが、引越し侍なら費用以外にも、業者のサービス内容をランキング・口コミで比較する事ができます。

 

費用だけで見積もりを比較してしまうと、引越しの際に家具が破損したり、梱包を雑にされてしまったり…「でも安くしてもらってるから仕方ない」なんて事はありませんよねw

 

しっかりと費用・サービス内容・ランキング・口コミを参考にして、確実な引越しをするなら引越し侍の見積もりを、無料なので一度ためしてみてください!

 

引越しの費用・業者を比較する時のポイント!

引越し侍をつかえば費用・サービスの口コミや評判を比較する事ができるのは、上の記事でわかっていただけたと思います。

 

ただ比較するといっても、どこに注目して引越しについて比較をすればいいのか?というと、いまいち分からないという人もいると思います。
ここで、引越しの費用・見積もりを元に、比較する時のポイントをご紹介します。

 

引越し見積もりは即断即決をしない

引越しの見積もりを依頼して、自分の望んでいる条件に合っていて、値段もそれほどたかくないと思うと、
「早めに決めてしまおう」と思う人が多いようですが、

 

すこし気持ちを落ち着かせて、すべての見積もりが出揃ってから、費用・など条件を比較して確認しましょう。
安いと思っていたものが普通で、もっと料金が安い業者が現れることも多々あります。

引越し料金は時期によって変動する!

引越し費用は、人気な時期(繁忙期)と閑散期で料金が変動します。繁忙期には料金が閑散期の2倍になる場合もあります。※各業者よって費用の差は異なります。

 

それぞれの時期がどういう時期なのかを知って、お金をかけすぎる事なくお得に引越ししましょう!

引越し料金の人気時期と閑散期の料金差

一年間のなかで引越しが多い時期は、入学や就職など、高校生、大学生の環境が変化する3・4月が繁忙期で、人があまり動かない時期と比較すると、おおよそ1.5〜2倍の料金差があります。

 

引越しをする人が増える=業者に依頼する人が増えるので、
他社と価格競争をする必要がなくなるため、業者も強気な価格設定をしてくるようになります。

 

1年の中でもう1時期ちょっとした繁忙期といわれるのが9月で、理由としては転職する人が多いため。
この時期も3月、4月ぐらいの値上がりがあります。

 

実際に検索「引越し 準備」のキーワードの年間グラフを確認すると3月〜4月に掛けて検索数が増えているのがわかります。

「引越し準備」の年間検索の推移

引越し準備の推移グラフ

引越し料金の年間推移を把握!

平日と休日、時間帯によっても料金は変わる!

引越しをする理由はさまざま、結婚・同棲・就職・転職・入学・単身赴任を機に引越すというのが多いかと思います。

 

1年の中でどのタイミングで引越しするのかは、その理由によって変わってきますが、同じ曜日でも時間を数時間ずらすだけで、料金が変動する事があります。

 

どの曜日に引越すのがいいのか?時間帯は何時頃がいいのかのポイントを抑えることで、引越し料金を安くする事ができます。

週末・休日は引越し依頼が増えるから割高になる

学校や会社が土日休みのところが多いので、休暇を取ることなく引越しをしたい人に人気なので、引越し依頼が多くはいるため料金も高くなる傾向にあり、また祝日を挟む3連休は依頼も多くなります。

 

多くの人が「引っ越ししたい!」と考える日は、引越し予約・依頼が増加するので、その数に応じて料金も高くなったり安くなったりします。

 

安く引越しするなら平日午前or日曜日の午後!

平日の午前中・日曜日の午後は、「そもそも学校や仕事があるから時間が取れない」「日曜日は引越しの片付けがしたい」という理由から、引越し依頼・予約が少なくなる傾向にあります。なので安く引越したいというのなら、有給休暇などの利用して引越しするのもいいかもしれません。

月末・月初は料金が高いのは何で?

引越しを経験した事がある方なら知っているかもしれないですが、1ヶ月の中で月末・月初も月中と比べると料金は割高になります。

 

その理由は賃貸契約があるからで、アパート・マンションに引っ越しする場合には、契約ギリギリの月末までは旧居にいて、月初のタイミングで新居に映る人が多いため。

 

新居は入居と同時に家賃の支払いが発生するため、2重支払いをなくしたいという事で予約が集中する傾向にあります。

引越しの悩みベスト5

引越しをする時にみなさん悩む事1つや2つはあって当然、だけど解決策を見つけるのが面倒くさい。
おもったとおりの回答を見つけることができなかったなどあると思います。

 

そんな悩めるあなたのために、私が引越をする時に感じた悩みと、引越し経験がある人が悩んだ事のトップ5をご紹介します。
※当サイトの調査であり、他のサイト・情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

引越し業者はどうする?

 

引越し先は決まったのでですが業者はどう探せばいいんですか?

引越し先の物件も決まり、これから準備ははじめようと思うのですが、引越し業者をどこに依頼すればいいか悩んでいます。近所の引越し業者にも話を聞いてみたのですが基本料金が高くて、割引もあまりされませんでした。

 

自分が引っ越すんだから、お金は自分でしっかり用意しろよとも思うんですが、どうせなら引越した後の家具やカーテンなんかを買うために、引越し費用はできる限り安くしたいと思っています。みなさん、どのように業者さんを探しているのか教えてください。

 

私もはじめて引越しする際に、はじめにぶつかった壁でした。
いざ物件も決まって引越しを日を決めるために業者を探そうとすると…引越し業者が多くてどこにすればいか分からない。

 

この悩みはおそらく、引越し経験者であれば通ったことがある道、通ったことない方は、偶然お得な業者さんを見つけたか、安くなるはずの料金を知らずに高めの引越し費用をかけてしまって損をしている方の可能性が高いです。

 

業者さんを探す時には引越し業者に電話をして見積もりを取って、引越しとなるのですが、いまはネットで複数業者で一括見積もりをして比較できる、一括査定サイトがあり、一番自分にあった業者さんを費用比較をしながら決めることができるの利用することをおすすめします!

引越し準備の期間

 

普通どのぐらい前から引越し準備をするんですか?

1月半後に夫婦で引越しをします。おたがい共働きで休みが重ならないので、時間をかけずに準備したいと思うのですが、引越し先、業者への見積も完了していて、あとはいつに決行するのかを決める必要があるのですが以前、一人暮らしでの引越しは経験して荷物も現地調達だったのですが、今回は夫婦2人分だと、どのぐらい時間を見積もったらいいか決めかねてます。

 

普通みなさんどのぐらいの期間を見積もって準備しているのかお聞きしたいです。

 

引越しまでの準備については、世帯に人数家族構成当日の作業員人数によっても変わるので、たしかな日数は言えないのでですが、
以前に私が引っ越しをした際には、ゴミ捨てや荷造りも自分でおこなってため、1週間半ほどをみて作業しました。

 

ただここについては、引越し業者さんごとによって料金や、見積もりの有効期間なども変わってくるものなので、
どのぐらいの準備が必要で、荷造りを依頼する場合はどのぐらいの費用が掛かるのかを相談してしまうのでが確実です!

引越し費用を安くするには?

 

引越しの料金を安く抑える方法はありますか?

私が転職する関係で勤務地が変わるので引越しをします。
いまは彼女との2人暮らしで次の引越し先にもついてきてくれることになっていて、先日、引越し業者の方に見積もりを出してもらったところ、家具や家電、ダンボール台などで費用がかなり掛かってしまいそうなんですが、何か工夫する事で引越しに掛かる費用を安く抑える事はできるんでしょうか?

 

例えばダンボールの数を減らすとか…

カップル二人でのお引越しいいですね♪
たしかに家電や家具が多い場合には人躯(引越し作業に必要な、作業員の人数)が掛かってしまうので、タンス・冷蔵庫・食器棚などは引越し業者さんに頼むか、リサイクルショップに売りに出してしまい、新しいと家に引っ越してから購入するというのでも引越し費用を安くする事はできます。

 

あと大手引越し業者さんではなく、小さい個人経営の業者さんでは、自分たちで持っていける荷物は持っていくなどする事でダンボール代を少し浮かす事ができるので、気軽に相談してみるのがいいですね!

 

>>引越し料金を抑えるコツをもう少し知りたい!