ケーブルテレビの住所変更について

ナビ男12

 

引越しても楽しみたいのがケーブルテレビですよね。テレビだけではなく、ケーブル電話やインターネットサービスでも、お世話になっている人もいるでしょう。引越しの手続きはさまざまありますが、中でもケーブルテレビの住所変更は、早めに済ませることをやや強めにオススメしておきます。

 

ローカル情報に密着している印象が強いケーブルテレビ、そもそも住所変更なんてできるのか!? というと、大方はできます。多くのローカルテレビ局が全国で提携ネットワークを結んでいることもあり、系列局の手が及ぶ範囲であれば移設の手続きを進めてくれます。

 

視聴

私が契約しているケーブルテレビでは、引越し先でもサービス利用ができるかを調査して、手続きが不可ならそれを通知してくれています。かなりの親切対応です。

ケーブルテレビ局のウェブサイトにアクセスすると、大半は住所変更フォームが設置されています。ですから、大体はオンラインで、昼夜を問わず手続きをすることができます。ただ、注意したいのは、それを早期に行うという点です。

 

ケーブルテレビの住所変更をすると、旧居における引き込み線の撤去、新居側での工事が必要になるケースが多いです。しかし、自分が転居してしまうと旧居が出入禁止になってしまうので面倒です。別に自分の手で直接工事をするわけではないですから、やることと言えば連絡くらいものですが、それをグズグズしない、さっさと進めよう、というわけです。
また、新居の工事は工事費がかかることが多いです。お金にも時間にも、余裕をもって手続きをしたいものです。
連絡がちょっと遅れてしまった場合は、「何日か映らなくても別にどうってことはないな」と割り切ることができれば、それまでの話になります。が、関連業務のコールセンターでアルバイトをしている友人から、恐ろしいクレームのエピソードを聞きました。

 

連絡が遅れ新居側の工事が済んでいないのに、「あんたのチャンネルが全然映らない。サービスが悪い」という、怒りと抗議の電話をかけてきたモンスタークレーマーがいたとか。完全に余談ですが、そのクレームは4時間におよぶ一大長編だったそうです。怒られても、ケーブルテレビは、電源を入れただけで即見られるものではないんですけどね……。

 

そのお客がそこまで怒りに燃えてしまったのは、すっかりテレビとお友達になっていたからではないでしょうか。一旦ケーブルテレビに加入すると、それまで「テレビなんか見ない」と言っていた人も、生活が一変しますからね。自分の趣味嗜好をディープに掘り下げられるチャンネルが用意されていて、そこには抜け出せない世界が広がっているのです。

関連ページ

転入届
ここでは、【引越し後に行うこと】に行うことの中から転入届について紹介します。
国民健康保険加入手続き
ここでは、【引越し後に行うこと】に行うことの中から国民健康保険加入手続きについて紹介します。
印鑑登録
ここでは、【引越し後に行うこと】に行うことの中から印鑑登録について紹介します。
福祉関係(児童手当など)
ここでは、【引越し後に行うこと】に行うことの中から福祉関係について紹介します。
転校手続き
ここでは、【引越し後に行うこと】に行うことの中から転校手続きについて紹介します。
旧居の敷金の精算
ここでは、【引越し後に行うこと】に行うことの中から旧居の敷金の精算について紹介します。
自動車・バイクの登録変更
ここでは、【引越し後に行うこと】に行うことの中から自動車・バイクの登録変更について紹介します。
運転免許証の住所変更
ここでは、【引越し後に行うこと】に行うことの中から運転免許証の住所変更について紹介します。
パスポートの手続き
ここでは、【引越し後に行うこと】に行うことの中からパスポートの手続きについて紹介します。
ペットの手続き
ここでは、【引越し後に行うこと】に行うことの中からペットの手続きについて紹介します。
新居の防犯対策についてチェック
ここでは、【引越し後に行うこと】に行うことの中から新居の防犯対策について紹介します。