ペットの手続きについて

ナビ子12

 

市区町村を超えて引越したら、ペットの登録変更について考えましょう。ペットと一口に言っても、フェレットやリス、ウサギ(一度飼ってみたい…)のような小動物を飼育する人もいれば、自宅でカメやワニを飼っている人までさまざまですね。小動物や水生動物のほとんどは、国の特定動物でない限り、届け出不要です。猫にも登録制度はありません。
大体の方がご存じの通り、登録手続きが義務づけられているのは、飼い犬です。

 

引越す際は、あらかじめ旧居管轄の保健所で「廃犬」の手続きを済ませているはずですね。その後は、新居に越してきて約1ヵ月(30日)以内に、新居管轄の保健所にて登録手続きを行いましょう。

 

手続きで使う“三種の神器”は、旧居の市町村から受け取った鑑札、狂犬病予防注射の注射済票、そして印鑑です。これらを持参して新住所の管轄保健所におもむき、登録変更の手続きを行います。

 

ちゃんと登録しないと、罰金をとられる事態になりかねません。もっとも、犬を愛していれば「面倒だから黙っていよう」なんて考えもしないはずですけどね。
さて、公的な手続きも超重要ですが、新居に着いて1週間くらいは、愛するペットの様子をちゃんとチェックしていた方がよさそうです。住処が変わることは人間にとっても大変ですが、犬にはさらに過酷でとっても疲れることなんです。

 

犬

新しい住宅事情に併せて身のまわりのものを買い替え、ウキウキワクワクしていた私でしたが、ふと見ると、愛犬はずいぶんピリピリムードで神経質になっていました。観察していると、犬は新しいものが嬉しいとは限らないことが分かりました。

 

旧居時代に使い古した毛布を与えると、くるまったり端をかじったりいるうちリラックスした様子になってきたので、安堵しましたが……。少なくとも私の犬は使い慣れた物を好み、環境の変化をあまり歓迎していないようでした。引越しというものは、結局人間の都合でペットをふりまわしてしまうので申し訳ない面があります。その分、ペットのケアを念入りにしてあげた方がいいですね。

関連ページ

転入届
ここでは、【引越し後に行うこと】に行うことの中から転入届について紹介します。
国民健康保険加入手続き
ここでは、【引越し後に行うこと】に行うことの中から国民健康保険加入手続きについて紹介します。
印鑑登録
ここでは、【引越し後に行うこと】に行うことの中から印鑑登録について紹介します。
福祉関係(児童手当など)
ここでは、【引越し後に行うこと】に行うことの中から福祉関係について紹介します。
転校手続き
ここでは、【引越し後に行うこと】に行うことの中から転校手続きについて紹介します。
旧居の敷金の精算
ここでは、【引越し後に行うこと】に行うことの中から旧居の敷金の精算について紹介します。
自動車・バイクの登録変更
ここでは、【引越し後に行うこと】に行うことの中から自動車・バイクの登録変更について紹介します。
運転免許証の住所変更
ここでは、【引越し後に行うこと】に行うことの中から運転免許証の住所変更について紹介します。
パスポートの手続き
ここでは、【引越し後に行うこと】に行うことの中からパスポートの手続きについて紹介します。
ケーブルテレビの住所変更
ここでは、【引越し後に行うこと】に行うことの中からケーブルテレビの住所変更について紹介します。
新居の防犯対策についてチェック
ここでは、【引越し後に行うこと】に行うことの中から新居の防犯対策について紹介します。