引越しの基本費用について

引越し業者が提示してくる代金、そのまま鵜呑みにしていませんか?
基本費用の内訳を把握しておきましょう。引越しの多い人生を送っている人は特に、内訳が理解できれば費用の節約術も考えつきますよ!

 

基本的に、引越し費用とは
引越し費用 = 「基礎運賃」+「実費」+「オプション費用」
で、構成されています。

 

基礎運賃は、引越しを行う際に必ずかかる費用。「距離制」か「時間制」のどちらかで計算されます。
「距離制」は、100kmを基礎距離とし、超過分の移動距離によって追加費用を加算していきます。この制度で算出する際は、最短距離で移動してくれることを願いたいですね。

 

あらかじめ、業者にどのルートを通るつもりか確認しておくといいかもしれません。
「時間制」は、「4時間」か「8時間」のどちらかを基礎時間と決め、そこから1時間超えるごとに追加費用を加算します。スローペースで作業されては、1時間はあっという間に過ぎてしまいますから、この方式の時は業者に仕切られすぎないよう要注意。

 

実費というのは、作業人件費、そして段ボール箱や梱包テープなどの資材などのことです。
実費は、工夫というほどでもないちょっとした心がけで減らせます。たとえば、ガムテープくらいは自分で用意できますよね。

 

ガムテープは、100円ショップでも売っています。引越しの時くらいしか用がなければ、巻きが少ないものでもかまわないでしょう。

 

家

最後に、オプション費用。基礎運賃にも実費にも含まれないサービス費用のことです。

 

たとえば、不用品や粗大ゴミの処分を業者に依頼すると、オプション費用が発生します。不用品は、自身でもリサイクルショップなどに売って処分することができますね。オプション費用をどこまで抑えられるかは、ぜひチャレンジを! 

 

引越し費用は、季節、距離、家具の重量など、個々の事情を加味したものになります。言い換えれば、結構ごまかしが利くということですよね。(※ほとんどの業者は明朗会計で、信頼できる仕事をしているはずですが)

 

悪徳業者(会わなければそれに越したことはない…)に引っかかって泣き寝入りしないためには、基本費用の内訳についておさえておくと、自己防衛策をはることもできるのです。
法外な費用を提示されたら、「費用の内訳は?」と質問しましょう。基礎運賃か、実費か、それともオプション費用なのか。価格のどこに贅肉がついているのかを看破しましょう。

関連ページ

引越し見積もり書の見方
引越しにの見積もり書の見方について詳しく説明しています。