荷物搬出の指示について

 

いよいよ引越し当日は、荷物搬出を行います。引越しと言えば真っ先にイメージするのが、旧居から新居への荷物の大移動ですよね。約束の時間に来てくれた引越し業者に、荷物を運んでもらいます。早く片付くよう、できれば自分も運びましょう。

 

この時、引越し業者に指示をすばやく出せるかどうかは結構大事です。指示のスピードは搬出の所要時間を握っています。時間制で料金を請求する業者だと、時間がかかった分だけ課金してきますから、あまりのんびり仕事されると困るわけです。

 

業者

業者が持っているプロの雰囲気に安心してしまいがちですが、まかせっきりにせず、迅速に手際よく作業させるような段取り力を、こちらから醸し出しましょう。百戦錬磨の業者に負けずにこちらが主導権を握るのは難しいのですが、せめて御しやすい相手だと思わせないようにふるまいます。

 

それには、荷物を運び出す際にどのような点を注意してもらいたいかを、積極的に口に出すことが大切です。取扱注意のものは? どれを上にして積んでほしい? 何を下にされると困る? 購入したばかりでキズがない大型家電や家具はありませんか? 最初のうちに矢継ぎ早に各ポイントを突いて確認。エラそうだなんて思う必要はゼロです。

 

私は、家具や家電、壁やドアなどのキズの有無を先に確認しました。キズが前から存在したのか、それとも搬出中についたのかはおさえておくべき点だからです。もしも搬出中にアクシデントがあった際の、補償の問題にもかかわってきます。

 

今でも引越し業者には遠慮せずに、言いたいことがあるならもっとはっきり言うべきだったと思っています。

 

「見るからに使用感の少ない品物を、なんで乱暴に扱うの! 新品なのが分からないわけ?!」なんて言いたくなる仕事をする人もいました。相手にしてみれば、おそらく悪気はないのですが……。

 

引越しは力仕事ですから、作業要員は男性の割合が圧倒的に多いです。男性は女性に比べ「察する」ということが本当に不得手で、「見れば分かるでしょ」なんて通じません。言わないことは伝わらないのです。男脳と女脳は構造が違うのだと割り切るしかなさそう。お互いに気持ちよく引越しを進めるには、こちらから明確にテキパキと指示を出すことが重要です。

 

他に、搬出作業にあたってこちらでできることは、部屋をスッキリさせることです。足元と行く手を遮るものがないように部屋を整頓しておくこと。部屋がごちゃごちゃしていると、それだけ時間を要してしまいます。スッキリと床が見えて見通しがいいような片づけ方を心がけましょう。

 

関連ページ

電気のブレーカーを落とす
ここでは、【引越し当日(旧居)に行う事】の中から電気のブレーカーを落とす作業について紹介します。
ガスの閉栓と精算
ここでは、【引越し当日(旧居)に行う事】の中からガスの閉栓と精算について紹介します。
水道の閉栓と精算
ここでは、【引越し当日(旧居)に行う事】の中から水道の閉栓と精算について紹介します。
忘れ物チェック
ここでは、【引越し当日(旧居)に行う事】の中から忘れ物チェックについて紹介します。
旧居の引き渡し
ここでは、【引越し当日(旧居)に行う事】の中から旧居の引き渡しについて紹介します。