忘れ物チェックについて

引越し作業もいよいよ最終章へ。部屋を引き払う直前は、忘れ物チェックを怠らないようにしましょう。

 

住んでいる間はいつでも自由に出入りしていた場所なのに不思議な感覚ですが、退去した瞬間から、そこは自分のものではなくなります。他人に戻った元恋人を見るような感じですね。よくよく知り尽くした仲であっても、別れた後は相手に対する態度を改めなければならないのです。なれあいはよくありません。

 

どういうことかというと、「部屋に忘れ物をしたら、とりに行けばいい」なんて単純な話では済まないケースが多いという話です。忘れ物をした後の対処は、ハッキリ言って面倒くさいです。とりに行っても部屋に通してもらえない確率は高いです。

 

「融通がきかないな」と思うかもしれませんが、契約社会とはそういうものなのです。
まずは、忘れ物はしないということを大前提と考え、気を引きしめて、目を光らせて、しつこく二重三重にチェックを行いましょう。

 

虫めがね

それでも悲しいかな、人間は忘れる時には忘れてしまうものですね。やらかしてしまったら、あきらめる前にアクションはとるべきです。気づいた時になるべく早く、管理会社などへ連絡してみましょう。もしリカバーできればラッキーです。

 

基本的には、残念ながら物が処分されていてもおかしくない状況にはあります。契約上、アパートやマンションなどの賃貸物件に残していった物は、すでに旧借主の物ではなくなったとみなされます。

 

引越し前の状態が保たれているは保証はありません。「ここに置いておいた物が、どうしてなくなったんだ!!」なんて、管理会社や大家さんに食ってかかるのはNGです。

 

忘れ物が旧居にまだ残されている可能性については、ハウスクリーニングが入ったかどうかが運命の分かれ目になりそうです。クリーニングされた後は、残った物が撤去されているケースが多いです。

 

関連ページ

荷物搬出の指示
ここでは、【引越し当日(旧居)に行う事】の中から荷物搬出の指示について紹介します。
電気のブレーカーを落とす
ここでは、【引越し当日(旧居)に行う事】の中から電気のブレーカーを落とす作業について紹介します。
ガスの閉栓と精算
ここでは、【引越し当日(旧居)に行う事】の中からガスの閉栓と精算について紹介します。
水道の閉栓と精算
ここでは、【引越し当日(旧居)に行う事】の中から水道の閉栓と精算について紹介します。
旧居の引き渡し
ここでは、【引越し当日(旧居)に行う事】の中から旧居の引き渡しについて紹介します。