引越に良い日とは?

引越しにうってつけの日とはいつなのだろうか、と何度か考えてみました。それには二つの要素がかかわってくることが分かってきました。一つは六曜で、もう一つは気象です。六曜って何だ!? 独身だと「何それ?」と思うかもしれません。既婚者なら見聞きする機会があったことでしょう。

 

【六曜とは?】

  • 六曜星の略。大安、友引、先勝、先負、仏滅、赤口の6つ。
  • 大安…すべてが吉。おみくじで言えば大吉でしょうか。結婚式に良い。
  • 友引…友を引くという字面の通り、何かを興すにはあまり適さない日。
  • 先勝…何でも朝から積極的に行動を。午前は運がいいが、午後から運が下がる。
  • 先負…何事もひかえめに。午前は低調、午後から運気が上がってきます。
  • 仏滅…よくない! 新たなこと、葬式以外のことは、しない方がいいとされています。
  • 赤口…お祝いごとには向かない日。火気や刃物による怪我に注意すべし。

 

そう、カレンダーによく書き添えられているアレですよアレ! 結婚式の日取りを決める際、大安にやけにこだわるカップルもいますよね〜。縁起を担ぐのなら大安がいいのでしょうが、他の用事も入りやすい日になりそうです。引越しに不吉な匂いがするのは、赤口ですね。先勝なら午前中に、先負なら午後になってから動くのがよさそう。仏滅は終日マズいらしいです。
この六曜、信じるか否かは人それぞれです。空いている日ねらいで、わざと赤口や仏滅に引越し屋さんに依頼するのも知恵と言えます。

 

あとは気象条件ですね。
コストに不安がなければ、作業する人の体調や荷造り、運搬のしやすさを重視して、気候がいいシーズンを選ぶといいですね。荷物が濡れるとトラブルになりますから、それが起きにくい、天気の安定している春や秋は引越しやすいです。
一方、「格安で上げたい!」と強く望むなら、完全に逆をつきます。梅雨や、暑さや寒さがMAXでみんなが申込まない真夏、真冬などがお得です。

 

六曜を利用するにも気象条件を考慮するにも、引越す本人のご家庭事情、経済事情によって「引越しにいい日」は変わってきますよね。これを言っては失礼かもしれませんが、引越し料金に使える額に上限があるかどうかはやはり大きいのです。富裕層は運気のいい日を使えるし、貧乏だと運気が低迷する日に物事を興さざるを得ないことになってしまいますよね。だからまたお金が集まるところには集まり、縁のない人はずっとそのまま、得する人と損する人の差がはっきりしてきてしまう。と、世の中そういう風に回っているのです……。

 

おひさま

関連ページ

風水を使って上手にお部屋つくり
風水を使ってきれいな部屋を作ると良いです。家の中もスッキリしますし、新居で気持よく過ごすことができます。また、今まで掃除していなかった場所も積極的に掃除して運気もアップさせてしまいましょう。
年間の引越し事情
年間を通していつ引越するのがお得なのかを紹介しています。また、新婚さんが動く時期、学生さんが動く時期等も紹介しているのでそれを避けて引っ越ししたい方は必見のページです。
賢い引越しの方法
引越しを賢く安くする方法をまとめてあります。荷物を減らしたり、値引き交渉などなど。様々な方法があるのでこのページでそのノウハウを勉強して引越しを安く気持ちよく終わらせてください。
新居の防犯対策について
新居の防犯対策の方法や揃えたい防犯グッツの紹介です、また、防犯をしておきたい場所やポイントも紹介しているので新居に入ったら早速行いましょう。また引越し前から用意しておくのも方法です。
引越し業者のお給料
引越し業者って一体いくらもらっているのか気になります。そんなプチ情報から仕事の内容を紹介。知っておけばもしかしたら値引き交渉などに使えるかもしれません!一読!!