荷造りのコツ(衣類・布団類)について

多くの荷物に気を配らなければならない中で、衣類・布団類はちょっとリラックスして荷造りができる類のものかもしれません。少々かさばりますが、落としても破損する心配はないので扱いやすいです。

 

そんな衣類や寝具の荷造りで気をつけなければならないのは、旧世代との作業方法の違いです。ご年配の方が手伝いを申し出てくれたら、おまかせせずにやり方を説明しましょう。衣装ケースから衣服を全部出して段ボール箱に詰め込むのは、昔流の荷造りです。

 

今は、衣服はなるべく箱詰めしないことがポイントです。それと、手当たり次第に作業しないこと。当分使用しないものから先に箱詰めします。

衣類

衣類

春夏の引越しなら、近々出番が回ってくるであろう色が明るく軽やかな印象の衣類は、後回しにしましょう。

 

また、よくある透明の衣装ケースなどに入れておき、運搬時に引出が開閉しないようテープで留めておくのがオススメです。厚ぼったい冬物衣料は、しばらく着ないと判断することができます。当分使わない衣類から、段ボール箱に梱包します。

 

無意識レベルで作業をすると、最近着る洋服の方に先に目が行ってしまうのですが、引出のテープ留めなんか後でもできますよね。優先順位を逆にして、使わない衣服の梱包を先に行いましょう。

 

布団類

布団類も、しばらく出番がないであろう来客用のモノから、先に梱包しましょう。すぐに使う掛布団や枕は、引越す当日にすればいいのです。

 

布団

布団の荷作りには、布団袋か圧縮袋を使いましょう。普段、たたんだ布団類は重いものを下にして積み重ねていると思いますが、荷造りの時は軽いものを下にして重ねます。そして布団袋をひっくり返して被せれば、簡単に梱包が完了します。

 

圧縮袋もオススメです。かさばる布団を大幅にサイズダウンさせることができるので、運搬に便利です。圧縮袋は、最近は100円ショップでも入手することができます。安値の圧縮袋は初心者が使うとたまにうまく行かないこともありますが、一度分かってしまえば十分対応できます。チャックをしっかりと閉め切ることがコツですね。

 

ちなみに、なぜ昔流の荷作り方法は今と違っているのかというと、昔の引越しでは非常に重量のある洋服箪笥を運ばなければならなかったからです。しかし、アパートやマンションで衣類を収納している人は、非常に軽いケースを使っていますから、中身を収納したままでも問題なく持ち運びができます。

 

必要ないのなら、段ボール箱で入れたり出したりといった工程は、省いた方が合理的なのです。

関連ページ

荷造りのコツ(家電類)
ここでは引越しの荷造り・処分の中から【荷造りのコツ(家電類)】について詳しく説明しています。
荷造りのコツ(本・CD・DVDなど)
このページでは引越しの【本・CD・DVDなど】の荷造りのコツについて紹介しています。
荷造りに必要な資材
ここでは引越しの荷造りに必要な資材について詳しく紹介しています。
荷物の処分
このページでは、引越しの際に出た不良品の処分方法について説明しています。
リサイクルについて
このページでは、引越し時に出た不良品をリサイクルする方法を紹介しています。