荷造りのコツ(家電類)について

引越しの際、家電をむき出しのまま車両に積んで運搬すると、途中で傷ついてしまう危険性大です。良好なコンディションを保って新居に持っていきたい。では、家電の荷造りはどのように行ったら失敗がないのでしょうか。

 

まずは、安全第一です。電化製品は外した電源コードがぶらぶらしていると危険なので、きちんとまとめましょう。コード類をまとめるグッズは、100円ショップなどでも簡単に入手できます。家電からとり外せない電源コードは、本体にガムテープなどで貼りつけましょう。

 

さて、「家電」と一言で括りますが、パソコン、タブレット機器、カメラ、プリンタ、オーディオ、ジューサー、トースター、炊飯器、掃除機、空気清浄器、美顔器ほか、じつにさまざまな製品があります。原則、梱包し段ボール箱に入れれば済む類のものは、自力で荷造りすることができます。

 

一方で、むしろ作業しない方がいいものも。テレビ、冷蔵庫、洗濯機(の外装)などの大型家電は、プロが梱包の仕方をしっかり確立しており、下手に手をつけてほしくないという業者もいるほどです。

冷蔵庫

冷蔵庫

冷蔵庫は、ドアが開閉しないようにテープで留めておきます。内部の戸棚ケースやケースなどは、私は取り外して別梱包にしました。外側は業者にまかせていいでしょう。

 

洗濯機は、蛇口にとりつけるホースなどの付属品を洗濯層内に入れ、運搬中に蓋が開かないようテープで留めます。洗濯機の外側については、やはり業者におまかせしていいでしょう。

電子レンジ

レンジ

電子レンジは、意外と重量がありますね。本体は購入時の箱があれば入れておき、あとの扱いは業者にまかせましょう。

 

内部は、ターンテーブルが付いている製品であれば、お皿を取り出して別口で荷造りを。

ターンテーブル

ターンテーブルは破損すると被害が派手なので、新聞紙やちらしなどで保護しテープで留めます。それを納めた段ボール箱には、「割れ物」や「取扱注意」などと赤い太字でマーキングしましょう。

石油式ストーブ

ストーブ

私が大変だったのは石油式ストーブです。燃料が入っている状態では運搬不可です。事前に中の灯油を空にしなければなりません。

 

入っている燃料を手作業で抜くのは難しいので、私は単純に使い切りました。寒くもないのにストーブをつけて過ごした数時間、若干つらかった……。

 

まとめ

家電の荷作りは、購入時の箱をなるべく保管しておいて、もとの箱に入れることが理想です。購入時に箱の中に敷き詰められていた発泡スチロール、緩衝材が残っていれば、そのまま使うとピッタリはまります。

 

「購入時の箱なんて、とっくの昔に捨ててしまった」ということもあるでしょう。他の段ボール箱を用意し梱包する際は、持ち手になる部分に穴が空いている箱を準備できると便利です。重量のある荷物の運搬は、持ちやすさがカギだからです。

 

どんな箱に詰めこむにせよ、重要なポイントは、箱の中で製品が動かないよう固定すること。細かいキズは、落下の衝撃よりも動いたり擦ったりした時の方がつきやすいため、箱と製品の間に生じる隙間を埋めるのがコツです。持ち上げた際にカチャカチャと音がするようではNGです。

 

エアーキャップ(私は普段「プチプチ」と呼んでいます)を多めに用意しておくのがオススメですね。製品を包んだり、隙間に押しこんだりして使うと、運搬の際にかなり安心感があります。

関連ページ

荷造りのコツ(衣類・布団類)
このページでは引越しの荷造りの中から【荷造りのコツ(衣類・布団類)】について紹介しています。
荷造りのコツ(本・CD・DVDなど)
このページでは引越しの【本・CD・DVDなど】の荷造りのコツについて紹介しています。
荷造りに必要な資材
ここでは引越しの荷造りに必要な資材について詳しく紹介しています。
荷物の処分
このページでは、引越しの際に出た不良品の処分方法について説明しています。
リサイクルについて
このページでは、引越し時に出た不良品をリサイクルする方法を紹介しています。