プロバイダーの手続き(引越し先)について

現代型のライフスタイルでは、日ごろ取り込み活用している様々な情報のうちの5〜6割が、インターネット経由でもたらされていると言われています。

 

そして、一旦インターネットユーザーになった人なら、引越しても新居でまたネットの恩恵を被りたいと考えるはずです。転居を契機にインターネットをやめるという選択肢は、ほとんどないと言っていいでしょう。

 

そこで、引越し先のインターネットについて、です。

 

プロバイダの住所変更の手続きをとるか、もしくは解約して他のプロバイダに乗り換えるかです。

 

パソコン

モデムやルーターをレンタルしていると、引越しの準備でドタバタしている時期に返却のことを考えるのが面倒だ、というだけの若干ネガティブな理由で、継続利用がオススメです。

 

手続きの仕方は各社で違いがある部分でしょうが、フレッツ光なら直接プロバイダに電話1本かければ、即、住所変更および継続利用の手続きに入ることができます。

 

継続利用の通知は、早ければ早いほどいいそうです。最低1ヵ月前には、移設工事の予約を入れておきましょう。

 

移設にあたって聞かれることは、利用ID、工事希望日、新居の住所、旧居の電話番号、あとは契約者名義などです。正常に受理されていれば、後日、新居に開通の案内が届きます。

 

マンションの場合

 

女性

マンションに引越す人は原則として、インターネットの工事日を管理事務所に連絡します。これは、光ケーブルを引き込むのがマンション内の共用スペースなので、マンションの管理人さんに鍵を開けてもらう必要があるからです。

 

しかし、私が引越す先のマンションでは各戸にケーブルを引き込むことが判明したので、この辺の手配は経験せずに終わりました。

 

無事インターネットが開通したら、パソコン周辺に機器をつないでインターネットに接続!と行きましょう。この時、接続の設定は自分でやった方がいいと力説しておきます。もちろん、セットアップサービスもあるにはありますし、それが有料であることくらいでは驚きません。

 

しかし、作業の難易度のわりにお高くつくことにびっくりしてしまうのです。普段ネットを使っている人にとっては、それほど難しい作業とは思えません。自分で行うに限ります!

関連ページ

賃貸契約の解除手続き
ここでは引越しが決まってからする【賃貸契約の解約手続き】について詳しく紹介します。
不要品の処分
ここでは引越しの際に出る不要品の処分方法について紹介します。
不要品の処分(バイクや車などの売却)
ここでは引越しにあたって出た不良品(バイクや車など)の売却方法について紹介しています。
新居で必要なもの
ここでは、引越しにあたって新居に必要なものをピックアップして紹介しています。
引越し方法の見積もり
ここでは引越しの見積もりについて紹介しています。安くで見積もりをしてもらう方法などお教えします。