車の住所変更はしたほうが良いの?

 

引越しをして車の住所変更はなるべくしたほうが良いです。
ただ、お金も労力もかかるので面倒なので、車検のついでなどに業者さんにお願いするのも良いかもしれません。

 

まず、なぜ車の住所変更はが必要なのかというと、

登録している陸運支局が変わるからですね。

 

例えば、新潟県から東京都に引越しをしたとしましょう。
車は新潟県から東京都にもってきた。とします。

 

そうすると、新潟ナンバーで東京都の街を走りまくることになりますね。
これは別に犯罪でもなんでもないです。
何も悪いことしていませんから気にしないで利用しましょう。

 

しかしですね。
法律では車検証上の住所が変更された場合は15日以内に変更登録をすることが法律で決まっています。
違反すると50万円以下の罰金です。
なので、きちんと申請しないといけません。

 

なので、まず管轄の警察署に車庫証明を出してもらいます。
車庫証明には申請書や住民票、自認書(自分の土地に車を停める場合)
または保管場所使用承諾書(賃貸などで車庫を借りる場合)
などなど・・・ま〜色々とます。

 

費用は都道府県によって異なりますが、だいたい2700円ぐらいです。
(普通車の場合)軽自動車なら500円です。

 

しかも、土日は受け付けてないので平日に申請して3〜5日で車庫証明書ができるので受け取りにいきます。

 

そして、陸運支局に言って新しいナンバープレートをもらいます。
ナンバープレート代が各都道府県で異なりますが1700円ぐらい申請用紙や手数料で400円ぐらいです。
しかも平日のみですね。

 

 

さて・・・・
この手続を自分でやりますか?というかやりたいですか?
ディーラーや整備工場にお願いするとこの費用の他に代行料などがかかります。

 

 

大変ですよね。

 

 

転勤族の友人や私自身の体験からいうと、正直必要ないと思います。きちんと引越し先でも車庫を用意していればですが。

 

車検証上の住所が現在の住所と異なるから自賠責保険がおりないなど
そういったトラブルもないですし、車を売るときに困るといいますが、
何度も引越しを繰り返してない限り、住民票があれば問題無いと思います。
(任意保険の住所は変更したほうが良いです)

 

法律的にどうなの?という感じもしますが、
以前車買い取り店に勤めていた時に多くの方が引越してそのままという方が多いです。
だから、やらなくていいというわけではないですよ!!法律では申請しないといけない決まりになっていますから!

 

むしろ、住所変更をしないで困るのが「自動車税」です。

 

基本的に自動車税の納付書は車検証上の住所に送られます。
なので転送届などをしていて有効期間内なら転送してもらえますが、
有効期間は1年ですので税務署に連絡して郵送先を新しい住所に変更してもらうことが、最優先です!

 

納付書が届かなかったから支払わなかった。なんてしていると
かなり多額の滞納金がついてあとで支払うときに大変なことになります。

車を売ったりするときに滞納があると名義変更ができないので
きちんと支払っておかないといけません。

 

 

自動車税の納付書の送付先は電話やインターネットで簡単に変更ができます
から引っ越した車検証上の住所の管轄の税務署に連絡して変更してもらいましょう。

 

 

 

 

  • 2014/06/02 22:07:02
  • Q&A

関連ページ

引越しは最短どのくらいで出来る?
最短で引越する方法や、引越しの依頼をすぐに受けてくれる業者の有無などを紹介しています。
引越し屋と便利屋はどっちがいいの?
最近、様々な現場に出没する「便利屋」とても便利だとききますが、引越しに関しては引越し業者と便利屋どちらが良いのか比較しています。
引越しチャーター便とは?
便利に利用ができると噂の引越しチャーター便。実際のところどんな感じなのか。徹底的に調べあげました!
お得な引越し時期っていつ?
お得に引越しするには、いつがいいのか。季節を見ながら考えるのか。そのノウハウをお教えします。
引越しを延期・キャンセルしたくなった場合はどうすればいい?
どうしても引越しが延期してしまう。転勤がなくなってキャンセルしたいなど、引越し業者に依頼していた場合は?急に天候が悪くなったなどなど引越しを延期・キャンセルする場合の料金などを紹介します。
引越し作業員へのお礼はどうすればいい?
重たいものから細かいものまで運んでくれた引越し業者さんにお礼はどうすればよいのか。チップや心付けの上手な使い方紹介します。
妊娠中の引越し手続きについて
妊娠中に引越しになった場合、どうしたら良いのかを体験談をもとに紹介しています。