一人暮らしであるメリットを最大限に活かして!!

白い服の女性

一人暮らしの引越しのメリットは、荷物が少ないことです。

荷物が少なければ、引越業者に依頼しても金額は安く済みますし(業者によりますが)、友人や両親などに手伝ってもらっても少ない荷物なら簡単に引越しが完了します。
また、自分だけですから、好きなタイミングで片付けもできるので、民族の大移動のように引越しをしなくても大丈夫です。

 

比較的、楽にできる一人暮らしの引越しですが、それをもっと簡単に済ませる方法を紹介していきます。
ポイントごとにまとめておきますから、できる範囲でチャレンジしてみてください。

一人暮らしの引越しを楽にするポイント

青いヘアピンの女性

体験談に近くなってしまうのですが、転勤が多い会社に7年近く勤務していて、単身での引越しを何十回と経験してきたのでその体験を元に一人暮らしの引越しを簡単にするポイントを紹介していきたいと思います。

 

スーツケースを活用する

スーツケースのハードタイプは引越しの際にかなり役にたつアイテムです。一人暮らしが決まったら購入しても良いと思います。ハードタイプであれば中にバスタオルなどを緩衝材代わりに入れて、食器や化粧品の瓶などを運ぶのに便利です。壊れやすいガラスでできた写真立てなども簡単に運ぶことができます。
また、引越し完了後は実家に帰省する時に使ったり、友達が多く遊びに来て食事をするときのテーブルの代わりなど意外と役に立つアイテムです。

 

クーラーボックスをもっていると便利

引越しが多い方はクーラーボックスがあると冷蔵庫の中身のものを全部処分して移動しなくても良いので便利です。転勤族の方などは是非活用してもらいたい方法です。またスーツケースと同じで食器などの割れ物を運ぶのにも適しています。アウトドアが好きならレジャーにも使うことができますし、もちろん、テーブルなどの代用品としても使うことができます。

 

ダンボールは使わないと楽

一人暮らしの場合、荷物も少ないのでできるだけダンボールを使わないで引越しができると楽です。もちろん、使わないと持ち運びが面倒なら使ってもOKです!靴やブーツはダンボールの方が泥汚れなども気にしないでザクザク入れて処分するだけなのでダンボールの方が楽です。衣類は衣装ケースなどを上手に活用してダンボールを使わないと荷物の出し入れもしないでそのままクローゼットなどにいれるだけなので荷物の開封もなくて楽です。

 

できれば業者を利用して

最近は大手の引越業者でも、単身パックなどが用意されていて簡単に引越しができます。友人などに依頼して手伝ってもらうのも良いのですが、レンタカー代、ガソリン代やその日の食費、お礼にもたせる物などを考えると業者に依頼したほうが自分自身はそんなに動かなくても楽に引越しが完了しますし、料金も安いです。
あれこれ気を使ったり、万が一友人がテレビを落として壊してしまったら・・・なんて考えたら業者に依頼することをお勧めします。

 

買ったら1つ捨てる。なくなったら買う。

基本的に荷物は増やさないことが大切です。一人暮らしですから、消耗品類(洗濯洗剤やトイレットペーパー)もそんなに減りません。なのでストックは買わないのが鉄則。洗剤の残りわずかになってきたら買う。ものを家に置かないようにして生活すると部屋もゴチャゴチャしないですし、汚れません。そして引越しするときに荷物が少しでも減ると楽です。

 

挨拶はチャントする

一人暮らしだから、挨拶をしない・・・っていうのはあまり個人的におすすめしません。もちろん、その土地や住んだ場所の雰囲気もあるので一概にいえないのですが、また女性の一人暮らしの場合は変に挨拶すると女性の一人暮らしだと、バレバレになってしまう場合もあります。
私自身、女性でしたが基本的に挨拶はしていました。運がよく悪い人に合わなかっただけかもしれませんが、いろいろと近所の方に助けてもらったこともあります。旧住所と新住所での挨拶は大切だと思います。

 

養生用毛布をもっている

少しがさばるかもしれませんが、養生用毛布はあると便利です。(自分で引越しする場合)引越業者に依頼する場合はテレビや冷蔵庫などは専用の毛布や梱包材でチャントやってくれますが、自分で行う場合はあったほうがいろいろと役に立ちます。重たいものは毛布の上に乗せて毛布を引っ張ると簡単に動かせますし、キズを付けたくないものなどのクッションにもなります。ホームセンターなどで養生用毛布としてボロボロの毛布が売っているので1枚あると便利です。

 

必要以上のものを持たない

買ったら捨てるの部分にもつながるのですが、必要以上ものは持たないのが鉄則です。不要品はリサイクルショップに売ったり、処分します。お皿やコップも友達や会社の同僚がきた時の分とか用意しないでいいです。プラスチックのちょっとおしゃれな使い捨てコップでもあれば十分!100円で20個位入ったものが売っています。その都度買ってもいいぐらいです。お皿などの食器類はがさばるので特に要注意です。

まとめ

荷物を持つ

とにかく身軽でいることが大切です。引越しの場合、というか小さな子供や、介護の必要な人と一緒に引越しするのには大変な作業になりますが、健康な成人した人間が一人生活するのにたくさんのものは必要ないですし、引っ越しして数日間ぐらいあってもなくても良い物もあります。トイレブラシとかすぐに必要ないですし、お風呂で体を洗うタオルも通常使うタオルで代用が効きますし、どうしても生活に必要な物って近くのコンビニに売っているものです。なのであれこれ用意しなくても大丈夫なんですね。コンビニまで数十キロあるような、田舎に住むのであれば別の話ですが。

なので、一人暮らしの引越しはあれこれ構えずに、身軽にヒョイッといくイメージで終わらせるとスムーズに完了します!

関連ページ

ピアノの引越し
ここでは、【ピアノの引越し】を紹介しています。ピアノの運送方法や手放す方法など様々な手段を紹介してくれています。
ペットの引越し
大切な家族であるペットを連れての引越しの方法を紹介しています。
車・バイクの引越し
引越し時に車やバイクを運送する方法や引越しのタイミングで処分するなどの様々な方法を紹介しています。
エアコンの引越し
引越し時に取り外しや運送が大変になるエアコンの引越し方法について紹介しています。
仏壇の引越し
ここでは、仏壇の引越しを紹介しています。その他の引越しとはピアノやエアコン、仏壇等の引越し方法を紹介しています。仏壇引越し業者の一覧もあるのでコチラで自分にあう仏壇引越し専門業者選びをしてください。
爬虫類の引越し
ペットと言うと一般的に犬や猫、鳥などを考えますが、爬虫類だって立派なペットです。大切な家族だからこそ、引越しの時に負担をかけさせたくないですね。上手に一緒に引越しする方法を紹介します。