【番外編】ガスコンロの接続

我が家はリフォームしたところに引越しで、引越し先はビルトインガスコンロだったし、旧住まいもビルトインガスコンロがついたアパートだったので、ガスコンロを買って取り付けるという作業しませんでした。というか、私・・・人生初めてのガスコンロ取り付け作業です。
そもそも、自分で取付をしていいものだと思っていなかったので、不思議なかんじでした。

 

思ったより簡単ですし、きちんと取り付けられているかの確認方法もあるので、安心して取り付け後も使用ができます。もちろん、換気等の基本的な事はきちんとしないといけませんが・・・女性でも簡単にできるので是非、自分で設置してみてください。

 

簡単3ステップで取り付け完了!

ガス栓の形を確認して下さい。

ガスケット

ガス栓の形にはホースエンド型・コンセント型があり(この他の形のものもあります)、ガスコンロ設置には大抵このどちらかです。

友人宅はコンセント型だったのでガスホースにソケットを接続します。この際に熱湯をかけてホースとソケットを固定します。

 

ガスホースの取り付け

コンロに接続

ガスホースを取り付けるガスコンロに取り付けをします。
赤い線があるのでそこまでホースを押しこみ、洗濯バサミのようなバンドでしっかりと固定をします。

ガスコンロを置く

ガスコンロ設置完了

あとは設置したい場所にガスコンロを置き、ガス栓とはじめに付けたソケットをつなぐだけで完了です。

 

女性でも簡単にできますし、上記のとおり簡単に3ステップで取り付けができるので、チャレンジしてみると良いです。

ガスコンロ取り付けのポイント

換気は必ず行って、ガスの元栓は閉めた状態で作業をしてください。また、作業が終わって、「ふ〜一服。」なんて、確認作業などを怠ってタバコに日をつけたりすると大惨事になりかねませんから、設置後は必ず確認作業をしましょう。

 

設置後のガス漏れの確認方法は、様々な方法がありますがオススメの方法は泡状の洗剤を接続口に付けてみると良いです。ガスが漏れていば泡が膨らんだり、動いたりします。ニオイがしないから大丈夫などニオイで判断するのはあまり良いとは言えません。

 

ガスコンロ

ガスコンロは引越し先のガスの種類に合わせて購入しないといけません。都市ガスには数種類ありますし、プロパンガスやLPガスの場合もあります。デザイン性や機能、コンロの口の数などお気に入りのものを選んで家電量販店やインターネットで購入ができます。

 

 

ガスホース

ガスホースも購入が必要です。長さがある程度決まっていて50cm・1m・2mぐらいまでが売られていますし、場所によっては切り売りもしてくれます。必要な長さに合わせて自分でカッターなどで切ることも可能ですから、少し長めのものを購入すると良いです。

 

 

点火確認

点火試験も必ず行ってください。青い火が出ていれば問題なく使用ができます。またガス警報器の設置も先にしてから作業したり、などできる限りの対策をして、万が一に備えて設置・使用開始してください。

 

 

少しでも何かおかしいと思ったら、迷わず使用しているガス会社に問い合わせすることが大切です。ガスは目に見えないので、気が付かないで大きな事故につながるものです。
問い合わせして、なにもないのならそれで安心ができますし、異常だとなれば駆けつけてくれますし、その間の対処方法も教えてくれますから安心して利用してください。

 

スーツを着た女性

どうしても不安な場合は、ガス会社に問い合わせしてみると良いです。

 

ガス会社で販売していたり、ショールームがあったりして、丁寧にいろいろ教えてくれますし、設置も行ってくれます。インターネットや家電量販店で購入するより割高感が多少あるかもしれませんが、安心を買うという意味では高い買い物にはならないです。作業に不安・・・何をどうしていいのか・・・と思うのであれば、オススメの方法です。

 

関連ページ

管理人の引越し体験談
管理人が過去に引越しをおこなった回数は4回、それぞれ引越から学ぶ教訓があったので、このページでご紹介したいと思います。
ガスの開け閉めと警報機
引越しの際のガスの開け閉めは立会が必要で手間もかかるし予約が必要なのは当たり前です。その他にガスを利用するにあたって、ガス警報器も引越しの際に気にかけておきましょう。ガス警報器の利用方法などを紹介しています。
ダンボールや古紙・本の処分
引越し時に邪魔になりがちなダンボールや古紙、本、古着などの処分は普通に捨てるよりも、引取業者を利用したほうがお小遣い稼ぎにもなりますし、早く家が片付いてとてもよい方法ですので利用方法や検索のワードを紹介しています。
引越し時のパソコン
引越しの際にトラブルのもとになりやすいのがパソコンの運搬です。我が家は恵まれた環境だったので人に預けて片付いたら引取という方法をとりましたが、そうも行かない方にはヤマトのパソコン宅急便がオススメです。
引越し前の挨拶
引越し前の挨拶はどこまでするのがよいのか、アパートでも挨拶は必要?など我が家の体験談を含めつつ、チョットした豆知識を紹介しています。
引越し必須アイテムのポイント
引越しするときに我が家がこれは役にたった!これを用意しておけばよかった!というアイテムを紹介します。実際に体験した話なのでかなり参考になると思います。これから引越しする方、必見ページです。
銀行の住所変更
銀行の通帳などの住所変更はとても大変だった体験談をもとにその対策方法などを紹介しています。また、住民票などの必要書類も紹介しています。銀行によって手続き方法が異なるのですが、参考にしてもらえればと思います。
作業員
引越しをお手伝いしてくれる人はやっぱり力のある男性がいると嬉しいです。我が家は男4人、女2人での家族総出の引越しになりました。役割分担などが合ったのでそれらを参考に、引越しの際に実践してみてください。
粗大ごみ
引越しをキッカケに処分したいタンスやチェスト、ソファなどの大型家具。これらを処分場に持ち込んで処分した体験談とその他、処分方法などを紹介しています。
本籍地の移動の仕方について
マイホームなどを購入したりして、この先数十年はその土地に住むことが決まっているのであれば本籍地も一緒に移動しておくと良いです。その方法と手続の内容を紹介しています。
免許証の住所変更
引越しをしたらなるべく早めに住所変更をしておくと何かと便利な運転免許証。身近な身分証明書でもあるので住所変更をきちんとしておくと、何か合った時に便利に利用ができます。変更の方法や必要書類など細かく紹介。
面倒な手続き
引越しをするとあちこちの住所変更などの他にも犬を買っているのであれば登録のし直しなど、細かい手続きが多くあります。抜けがないように手続きをしていざという時に備えておくと良いです。
郵便局の転居届
郵送物は郵便局の転居届で対応ができますが、登録までに日にちがかかったりするので引越しが決まったらすぐに手配すると良いです。開始日なども自由に選べるので早めの手続きをオススメします。