郵便局の転居届

引越しが決まったらできる手続きですので早めに手続きしておくとあとから便利です。
サービスの内容は旧住所宛に届いた自分または家族の郵便物を1年間無料で新住所に転送してくれるサービスです。

 

方法は郵便局に直接行くかインターネットでも手続きができます。インターネットで手続きをする場合は郵便局の公式ホームページからアクセスすると便利に利用ができます。また郵送でもできます。
我が家はインターネットで行わず、直接郵便局に行って手続きしてきました。

 

専用の用紙に必要事項を書いておくのですが、「「転送開始希望日」」を記入できるので早めに手続きしても転送開始希望日に沿ってサービスを開始してくれるので安心です。
ちなみに、転居届は郵便局に提出されてから登録までに3〜7日営業日かかるので要注意です。

 

記入することは
旧住所、新住所、氏名(転居者氏名)、電話番号、手続きした人の氏名と続柄です。
また、認め印で良いのですが捺印をする場所があるので印鑑を忘れないようにしてください。
専用の用紙は同時にNHKの住所変更の手続きもできますから手続きしておくと便利です。

 

郵便局の転居届の用紙が2枚綴りになっていてもう一枚がNHKの住所変更の手続きの用紙になっているので何度も氏名や住所などを書く必要がありません。

 

転居届には受付番号があります。
この番号で提出した転居届の処理がどこまで終わっているのか、サービスが開始されているかなどの照会ができますのでしばらくとっておくと良いです。インターネットから自分で確認することもできるので確認してみてください。

 

必要書類は提出者の運転免許証や各種健康保険証などが必要です。また、旧住所の記載内容の確認も必要です。運転免許証やパスポート、住民票などの住所の記載があるものを用意して行きましょう。

転居届

関連ページ

管理人の引越し体験談
管理人が過去に引越しをおこなった回数は4回、それぞれ引越から学ぶ教訓があったので、このページでご紹介したいと思います。
ガスの開け閉めと警報機
引越しの際のガスの開け閉めは立会が必要で手間もかかるし予約が必要なのは当たり前です。その他にガスを利用するにあたって、ガス警報器も引越しの際に気にかけておきましょう。ガス警報器の利用方法などを紹介しています。
ダンボールや古紙・本の処分
引越し時に邪魔になりがちなダンボールや古紙、本、古着などの処分は普通に捨てるよりも、引取業者を利用したほうがお小遣い稼ぎにもなりますし、早く家が片付いてとてもよい方法ですので利用方法や検索のワードを紹介しています。
引越し時のパソコン
引越しの際にトラブルのもとになりやすいのがパソコンの運搬です。我が家は恵まれた環境だったので人に預けて片付いたら引取という方法をとりましたが、そうも行かない方にはヤマトのパソコン宅急便がオススメです。
引越し前の挨拶
引越し前の挨拶はどこまでするのがよいのか、アパートでも挨拶は必要?など我が家の体験談を含めつつ、チョットした豆知識を紹介しています。
引越し必須アイテムのポイント
引越しするときに我が家がこれは役にたった!これを用意しておけばよかった!というアイテムを紹介します。実際に体験した話なのでかなり参考になると思います。これから引越しする方、必見ページです。
銀行の住所変更
銀行の通帳などの住所変更はとても大変だった体験談をもとにその対策方法などを紹介しています。また、住民票などの必要書類も紹介しています。銀行によって手続き方法が異なるのですが、参考にしてもらえればと思います。
作業員
引越しをお手伝いしてくれる人はやっぱり力のある男性がいると嬉しいです。我が家は男4人、女2人での家族総出の引越しになりました。役割分担などが合ったのでそれらを参考に、引越しの際に実践してみてください。
粗大ごみ
引越しをキッカケに処分したいタンスやチェスト、ソファなどの大型家具。これらを処分場に持ち込んで処分した体験談とその他、処分方法などを紹介しています。
本籍地の移動の仕方について
マイホームなどを購入したりして、この先数十年はその土地に住むことが決まっているのであれば本籍地も一緒に移動しておくと良いです。その方法と手続の内容を紹介しています。
免許証の住所変更
引越しをしたらなるべく早めに住所変更をしておくと何かと便利な運転免許証。身近な身分証明書でもあるので住所変更をきちんとしておくと、何か合った時に便利に利用ができます。変更の方法や必要書類など細かく紹介。
面倒な手続き
引越しをするとあちこちの住所変更などの他にも犬を買っているのであれば登録のし直しなど、細かい手続きが多くあります。抜けがないように手続きをしていざという時に備えておくと良いです。
【番外編】ガスコンロの接続方法
友人が引越しをしてその手伝いをしてきました。そこで我が家にはなかった作業のガスコンロの接続を体験してきたので写真を撮ってきました!せっかくなので接続方法を紹介したいと思います。