引越しの精算について

旧居から出発した家具類を新居に運び入れたら、引越し業者に代金の清算をお忘れなく。社会人がお金にかかわる部分を人に言わせるのは野暮というもの。引越し代金はどのタイミングで支払うかを知っておくとスマートですね。

 

業者の方は払ってほしいはずですから、黙っていてもあちらから料金を請求してくるのでは? と思いきや、案外忘れがちな事柄の一つとなっています。払い忘れて後で発覚すると、悪気があろうとなかろうと、非常に気まずい感じに。清算し忘れないよう気をつけましょう。

 

清算のタイミングは、業者のタイプと支払方法で判断します。支払方法に関しては、当日迷っても時間の無駄になります。業者に引越しの予約を入れた時点で決めておきましょう。

 

現金払い、または時間制の場合は、作業完了後の清算が一般的です。作業にどのくらい時間を費やしたのかは、事後でなければ分からないことですからね。時間制だとあちらのペースにのせられて、あっという間に課金されていきます。有無を言わせずに作業が遅くなる手法をとられて、非常に困った覚えがあります。

 

新居に着いたら、業者の力を必要とする重い荷物を搬入できたら、あちらのペースで進めようとする業者を振り切る強さを発揮しなければなりません。「ここで結構です」と言い切り、お財布を手に持って見せるなどして、支払いに持っていきましょう。細かい作業は自力で行った方がいいです。

 

徐々に使用可が増えているのが、クレジットカードです。見積もり時、前払い、後払い、その場で清算など、タイミングの選択肢が徐々に増えつつあります。自分にとって得をする時期に支払えると便利ですね。ただし、予約時に忘れずカード払いである点を伝達する必要性があります。カードは、引越し当日にその場で作業員に言っても、対応不可であることも珍しくないのが現状です。要注意です。

 

ヒント

業者にまかせっきりにしておくと、たくさんお金をとる方法を採択されてしまう可能性は、経験上否定できないものがあります。もちろん、良心的な引越し業者もたくさんいますから、そもそも最初の段階で業者選びを間違えないことが一番ですね。

 

ところで、引越し作業の際は、作業人数に合わせてちょっとした「心づけ」を手渡す慣習が存在します。海外で言う「チップ」ですね。金額は決まっていませんが、いくらでもいいなんて言われるものほど迷ってしまいますね。相場は、一人につきだいたい1000円〜2000円程度とのことです。むき出しで渡すのはスマートなやり方ではありません。人数分のポチ袋に入れて、まとめて責任者に差し出すのがいいでしょう。

 

こうしたことは気持ちの表れですから、「渡す派」の人であっても「必ず」「絶対」「断られても無理に渡す」という考えではないでしょう。無理強いは厳禁です。私は渡していません。規定の料金をきちんとお支払いするのに、それに加えてお金を出す必要があるのかは、意見が分かれるところでしょう。

 

もし業者の作業態度を見ていて感謝の気持ちが強く起きれば、何かお礼をしたくなるかもしれませんが、現金よりも飲み物とお菓子の方が気が利いているのではないでしょうか。

関連ページ

近隣への挨拶
ここでは、【引越し当日(新居)】の中から近隣への挨拶についてご紹介します。
電気のブレーカーを上げる
ここでは、【引越し当日(新居)】に行うことの中から電気のブレーカーを上げる作業について紹介します。
ガスの開栓
ここでは、【引越し当日(新居)】に行うことの中からガスの開栓について紹介します。
水道の開栓
ここでは、【引越し当日(新居)】に行うことの中から水道の開栓について紹介します。
荷解き
ここでは、【引越し当日(新居)】に行うことの中から荷解きのタイミングをご紹介します。