清掃・ゴミ出しについて

引越し前日ともなると、最後の清掃・ゴミ出しを行いますよね。アパートやマンションなどの賃貸住居なら、特に念入りに掃除することをオススメします。引き払う前に原状回復に努める義務があるのが、賃貸住居というものです。

 

キャッシュ(お金)の問題でもあります。良好な状態で部屋の引き渡しができれば、それだけ敷金が返金されることにもつながってきます。引越しが相当な出費であることはご存じの通りです。引越し前日の清掃は、貴重なキャッシュバックのチャンスと言えます。

 

できることなら最初から、いつか引越すことを予想して部屋をキレイに使っておきたいものです。しかし、そこが人間の生活空間となる以上、時間とともに摩耗していくことは免れませんから、せめて退去前に、暮らしの痕跡を消す努力をしましょう。

 

拭き掃除

清掃の目的を確認しておきます。退去前のお部屋チェックにやってきた不動産屋さんに、「うわ〜、この人、かなり綺麗に暮らしていたんだな!」と思わせること、これが最終目標です。

 

大体は掃除機をかけるかモップをかけるかでクリーンさを取り戻すでしょうが、それだけではただの自己満足に終わってしまいます。部屋に入ってきた他人の目に、一瞬で訴えかけるような清潔感や明るさが必要です。

 

そのためには、部屋の隅々、角々を綺麗にすることでアピールを。用意するのは、使い古しの歯ブラシや、そろそろ取り替えたかったボロいタオル、食器洗いやバスタブ掃除に使ってきたスポンジ、履き古した靴下などです。「ボロボロになるまでなんか使わないよ!」という人は、旧居で最後に使用したものでいいでしょう。新居では新品を使うことにした方が気持ちいいはずですから。

 

これらをボロボロのクタクタになるまでフル活用して、隅々を攻めていきます。部屋なら四隅、ドアならレール、窓なら桟(さん)、水道なら蛇口の付け根などです。細かい部分のホコリは取り去ります。水道の蛇口のように、ある程度丈夫で拭けば光るような材質のものは、磨きたてます。

 

これが自分の持家だったら、正直モノが痛まないように撫で拭きしますけどね。賃貸で違うのは、その瞬間に綺麗だと言わせることの大事さです。見て分かるものだけが評価される、これが現実です。

 

ゴミ出しの準備も行いましょう。掃除し尽くしてぐったりした歯ブラシやタオルたちなどの汚れ物も含め、不用品をゴミ袋に入れてとりまとめます。
引越しの際は、最後に出たゴミの出し方も考えなければなりませんね。

 

運がよければ、旧居で最後のゴミ収集日に出せるのですが、そうでなければゴミを持って移動となります。汚いものを新居まで持ち込むのは移動するのは嫌? だったら、引越し業者が引き取ってくれる場合もあります。引き取りが有料になることも多いですが、業者に相談してみましょう。

関連ページ

洗濯機の水抜き
ここでは、【引越し前日に行うこと】の中から洗濯機の水抜きについて紹介します。
冷蔵庫の水抜き・清掃
ここでは、【引越し前日に行うこと】の中から冷蔵庫の水抜き・清掃について紹介します。
パソコンのバックアップ
ここでは、【引越し前日に行うこと】の中からパソコンのバックアップについて紹介します。
近隣への挨拶
ここでは、【引越し前日に行うこと】の中から近隣への挨拶について紹介します。