冷蔵庫の水抜き・清掃について

引越し前日までに必ず済ませたいのが、冷蔵庫の水抜きと掃除です。冷蔵庫は、稼働をスタートさせて以来10年以上電源を切ったことがない人もいるのではないでしょうか。また、知人男性には一度も冷蔵庫の中を掃除したことがないというツワモノも……。

 

普段はなかなか意識することがないかもしれませんが、冷蔵庫は電源を入れている間、常に内部で水が使用されている状態にあります。これをそのまま移動しようとすると、水が漏れ出して他の荷物につく、汚れるなど、この忙しい時にアクシデントに見舞われる危険性があります。つい忘れがちですが、水抜きは必須なのです。

 

作業は非常に簡単です。電源を抜いておく、中を拭く、溜まった水は捨てる、この3ステップです。

 

キレイ

まずは、引越し予定日が近づいてきたら食糧の購入量をひかえます。もちろん、食べ物を全く買わない暮らしを送ることはできないのですが、冷蔵保管が必要な食べ物はやめましょう。製氷もストップします。何が何でも氷が欲しくなった時は、最近はスーパーやコンビニでもさまざまな形状や分量の氷が手に入ります。そうして冷蔵庫の中身を完全に空にし、電源を抜いておきます。

 

肉、魚、野菜、生ものから加工品まで、あらゆる食品(まれに食べないものも)を冷やしてきた冷蔵室には汚れがたまっていますから、運搬の前に清掃しておきます。棚やケースなど、取り外しのできるものは外し、洗い、拭き、できればエタノール(スプレー式が便利)で除菌。本体の内部もキズがつかないよう拭き掃除をし、できればエタノールで除菌します。

 

この段階で、自動霜取り機能のない冷蔵庫だったら自分で霜取りをしなければなりません。霜を溶かして、タオルなどできちんと拭き取っておきます。
引越し前日は、いよいよ水抜きを行います。

 

水受けトレイ(または水受け用タンク)に滞留している水を捨てます。非常に単純で簡単です。
洗濯機の水抜きなら、どうやったらいいのか分からないから業者にお願いすることも考えられますが、冷蔵庫の方は自力で十分にできる作業であり、厳しい表現をすれば、人に頼んで余計な費用をかけるのはちょっと馬鹿げていると思います。

 

ところで、冷蔵庫の電源を切り、缶詰などを有効活用しながら保冷不要のもので食事をとっていると、キャンプ生活みたいで案外楽しかったりします。私は引越し後もしばらく、冷蔵庫を使わない生活を続行してしまいました。オススメとまでは言いません。ただ、冷蔵庫はかなりの電力を消費しますから、使用しなければ大きな節電効果が上がるということは分かりました。

関連ページ

洗濯機の水抜き
ここでは、【引越し前日に行うこと】の中から洗濯機の水抜きについて紹介します。
パソコンのバックアップ
ここでは、【引越し前日に行うこと】の中からパソコンのバックアップについて紹介します。
清掃・ゴミ出し
ここでは、【引越し前日に行うこと】の中から清掃・ゴミ出しについて紹介します。
近隣への挨拶
ここでは、【引越し前日に行うこと】の中から近隣への挨拶について紹介します。